注意しておきたいこと|抗不安薬デパスで不安な毎日から安心の生活を得よう

抗不安薬デパスで不安な毎日から安心の生活を得よう

注意しておきたいこと

青いカプセル

抗不安薬というだけあってお薬であるデパス。普段の不安や心配症から救ってもらえるからといって、その度服用していたのでは効果が期待できないばかりか、身体にとって毒となります。
正しく服用して正しくデパスの力を借りましょう。

まず、睡眠薬や睡眠誘導薬として使えると述べました。その場合は、1日1~3mgを就寝前に1回経口服用すると良いでしょう。
心身症・頸椎症(肩こり)・腰痛症・筋収縮性頭痛の場合では、1日1.5mgを限度に0.5mg×3回に分け服用します。
神経症・うつ病の場合といった場合には、成人では1日3mgを限度に1mg×3回に分けて経口服用するようにしましょう。
ただし、個人差や相性もあるので、お医者さんと相談して服用するようにしましょう。

抗不安薬には依存性が付きもの。この薬が無いだけで不安や心配になってしまうという精神依存になってしまったら本末転倒というもの。また、身体依存といって、お薬の切れ目になると体調が崩れてしまうという場合も。
こういった事にならないためには、弱いお薬からなじませていくという手段も必要ですが、デパスを使用する際にはベンゾジアゼピン系の入っていない睡眠薬を使うようにしましょう。睡眠薬にもデパスにも入っているベンゾジアゼピン系が併用すると依存性にかかりやすくなってしまうのです。
デパスに限らず抗不安薬には入っているものが多いので注意が必要ですが、こうしたポイントに気を付けたり、効果的なデパスに頼り過ぎず、程度が楽になってきたらお薬の強さを変えるという方法を取ることで、依存性の危険はぐっと抑えることができますよ。

Copyright © 2017 抗不安薬デパスで不安な毎日から安心の生活を得よう All Rights Reserved.